パール幼稚園

Head Lines

2019.02.13
【0-1CLUB】第9回BABY PEARL『おたのしみ会』
2019.01.22
【0-1CLUB】第8回BABY PEARL『小麦粉粘土』
2019.01.16
1月・2月の幼稚園見学の日程をアップいたしました!
2019.01.08
【0-1CLUB】Babyマッサージ『1月のお知らせ』
2018.12.17
【0-1CLUB】第7回BABY PEARL『体操あそび』
2018.11.29
【0-1CLUB】P-Baby『12月のお知らせ』
2018.11.27
12月の幼稚園見学の日程をアップいたしました!
2018.11.15
【0-1CLUB】第6回BABY PEARL『クリスマス製作』
2018.11.06
【0-1CLUB】第5回BABY PEARL『食育座談会』
2018.10.31
【0-1CLUB】Babyマッサージ『11月のお知らせ』
2018.10.26
11月の幼稚園見学の日程をアップいたしました!
2018.10.22
【0-1CLUB】P-Baby『11月のお知らせ』
2018.10.04
【0-1CLUB】第4回BABY PEARL『製作あそび』
2018.10.04
【0-1CLUB】Babyマッサージ『10月のお知らせ』
2018.09.13
10月の幼稚園見学の日程をアップいたしました!
2018.08.21
9月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2018.06.25
【0-1CLUB】Babyマッサージ『7月のお知らせ』
2018.06.23
【0-1CLUB】第3回BABY PEARL『えのぐあそび』
2018.06.12
7月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2018.06.07
【0-1CLUB】P-Baby『6月のお知らせ』
2018.05.31
【0-1CLUB】第2回BABY PEARL『なぐり描き』
2018.05.31
【0-1CLUB】Babyマッサージ『6月のお知らせ』
2018.05.31
6月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2018.05.18
5月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2018.05.02
【0-1CLUB】Babyマッサージ『5月のお知らせ』
2018.05.01
【0-1CLUB】第1回BABY PEARL『体操あそび』
2018.03.29
【0-1CLUB】フルート四重奏コンサートのご案内
2018.03.05
【BABY PEARL】今年度最終回のお知らせ
2018.02.13
【Babyマッサージ】2月・3月のご案内
2018.02.05
【BABY PEARL】第11回お知らせ
2018.01.26
2月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.12.26
【BABY PEARL】第10回お知らせ
2017.11.28
【12月・1月】幼稚園見学の日程
2017.11.13
【BABY PEARL】第7回お知らせ
2017.11.06
【0-1CLUB】11月のご案内
2017.10.24
【BABY PEARL】第6回お知らせ
2017.10.20
11月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.10.04
【BABY PEARL】第5回お知らせ
2017.09.11
10月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.09.07
【0-1CLUB】9月のご案内をアップ致しました!
2017.09.05
【BABY PEARL】第4回お知らせ
2017.09.02
【未就園児】本日の未就園児イベント『水あそび』について
2017.09.01
9月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.07.05
【0-1CLUB】7月のご案内をアップ致しました!
2017.06.21
【BABY PEARL】第3回お知らせ
2017.06.09
7月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.05.31
【0-1CLUB】6月のご案内をアップ致しました!
2017.05.19
5月の幼稚園見学の日程をアップ致しました!
2017.05.12
【0-1CLUB】5月のご案内をアップしました!

ファンが生まれる幼稚園

2024/03/05
パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】子どもの成長の背景には・・・
ある卒園児が幼稚園を尋ねてきてくれました。「23歳になった卒園児の〇〇〇〇です。医大を卒業して4月から〇〇の地で医療に携わることになりました。」ハキハキと愛嬌満載の挨拶は若い先生方も顔負けするほどでした。幼い頃から・・・どうしたら?このような子に育つのだろう?と惚れ惚れするように育っていた園児でしたし、卒園後も劇団四季とかでも子役で舞台に上がっていたり、高校生の時には夏の預かりの手伝いをしてくれたりして、幼稚園の先生になってくれたらなぁ・・・と密かに期待も寄せていましたが、お医者様の道を歩むことにしたようです。近頃、卒園児たちのその後の姿を耳にすることが多く、高校でアメフト部の主将だとか、水泳部で活躍しているとか、サッカーの有名クラブチームに所属し海外へ遠征に行くとか、野球一筋!あと一歩で甲子園に行けたとか・・・様々な嬉しい風の便りを耳にします。パール幼稚園が現在の教育活動にシフトチェンジした頃の園児たち。それそれが・・・それぞれのステージで活躍していることを耳にすることは、とても嬉しいことです。この子たちの背景を伺いますと、この園児たちのママたちの姿を思い返されます。素敵なママたちでして、人を応援するママたちでした。子どもたちの育ちの背景には、やはり母親の存在は大きいものだと思います。現在と15年くらい前の子育ての環境は、明らかに大きく異なってきています。6歳以上の子を持つ母親の62%が就業しているとのデータもあり、母親がご家庭にいる場合、母親が生涯わが子と一緒に過ごせる時間は約7年6ヶ月、父親は約3年4ヶ月という研究があります。なんと・・・幼稚園入園時には18%が過ぎ、幼稚園卒園時には32%すぎていくのです。我が国は平成6年度のエンゼルプラン策定以来、女性の就労率の上昇への対応や保護者への経済的な支援として、待機児童対策、児童手当の拡充、長時間にわたる教育・保育の無料化等といった施策が進められてきましたので、子育て中であっても男女ともに長時間働くことを可能にするという一定の効果はありましたが、子どもたちの「愛着形成不全」や「幼児期の教育の質の低下」等、子どもが育つという視点では負の要素が増えている現状なのです。休み明け月曜日になれば・・・ママと過ごしたいと訴え泣いている子もいます。ボクはみんなと同じように2時にママに迎えにきてもらいたいと訴え泣いている子もいます。これは純粋な子どもの主張であり、母親と過ごす子どもの権利でもあるのです。おむつが取れない子、トイレに行けない子、食事が進まない子を考察していると、ママに手をかけて欲しいという訴えが隠されているとも思うのです。様々なライフスタイルがある現代、社会で活躍されるお母様と多いこと存じております。限られた生涯の数%の限られた我が子との時間を大切に育んで欲しいと願いますが、お忙しいですからね・・・我が子の想いを汲むことまで余裕がないママもいるようです。入園説明会でもお伝えしていますが、幼児教育の根底は家庭教育にあることをお忘れないで欲しいものです。
2024/03/01
パール幼稚園【ファンが生まれる幼稚園】働くとは・・・
園庭の山桜・・・来週にも花が咲きそうな勢いて蕾が膨らんでいます。卒園式に間に合うかな??さて・・・情熱が足りないから・・・根性がないから・・・スキルがないから・・・時間がないから・・・才能がないから・・・環境が用意されてないから・・・覚悟が足りないから・・・あの人が苦手だから・・・これらが辿り着く先は・・・やる気がないということになる。笑やる理由というもを徹底的に明確にできていない証だと思うのです。やる理由は明確にすればするほど、行動も変わり、結果も出やすくなるという事を、身をもって理解しなければならない。やる理由を明確にする。なぜ仕事をしているのかということが明確になっていない。近頃、ひと所で3年、5年と勤務している転職希望の方の面接をする機会が多々あるのですが、転職の希望をする理由を尋ねてみると・・・業務量・・・(よそ様で多いと感じるならウチではパニックになる)もっと少ない人数で保育をしたい・・(15人クラスひとりで見れない者が5人になったって見れやしない)お給与が・・・色々な環境のせいにした理由があるが・・・多分・・・それだけではない。そんな方々に・・・なぜ?働くのでしょう?と質問を問いかけると・・・答えが返ってこのない。それか露骨にお金のために・・・ということが多い。そのような方には・・・なんでお金のためなのかと問えば・・・生活のためとか・・・趣味を充実させたいと答える人が多い。いわゆるモチベーションが持たないからという理由での転職なのであろうか?そのような方々には・・・ぴったりで楽ーな園に巡りあえることを祈るばかりだ。さて・・・モチベーション。やる気が出ない時でも仕事をしいるはずなのです。モチベーションが下がっているとき、仕事をしないということはないのと思うのです。普通に今働いている人で、そういう理由で、ずうっと仕事をしない、休み続ける人はいないと思います。やる気がなくても仕事に行く。そして・・・仕事をする(笑)それは、なぜでしょう?それは・・・やる理由があるからですね。仕事をする理由が明確にあるからです。ちなみに仕事では、自分が・・・どう思っているかは関係なく、何かしらの目標が設定されているものです。つまり・・・仕事をしていれば誰にでも達成するべき目標が用意されているということです。ところが・・・その目標を、ことごとく未達成で終えていく人がいます(笑)もちろん・・・目標の数や難易度にもよりますが、仮にほとんど未達成なのであれば、厳しい言い方をすれば、それでは仕事をしているとは言えないし、責任を果たしているとも言えません。まぁ・・・そのような方々が増えているのが保育所業界と幼稚園業界。笑なぜ?自分が立てた目標、自分で宣言した目標など達成できないのでしょう??いろいろと理由は浮かぶとは思いますが、単純に、実践、実行しないからだと思うのです。行動しない、丁寧でなくガサツ。つまりやらないからだと思います。モチベーションが下がっていても、やる気がなくても、仕事には行くし、仕事をすると書きました。それは・・・やる理由があるからだと書きましたね。ということは、やる、やらないの本当の理由は、やる気、情熱、根性、モチベーションなどではないのです。(もちろん、影響はありますが)やる理由が明確にあるか、どうかだけの違だと思うのです。やる理由が明確にあれば、普通は・・・とにかくやるのです。言われなくても、実践、実行するものです。だって・・・ほとんどのことは、やれば結果は出るのです。目標をクリアしていく人、達成していく人というのは、このやる理由が明確になっている人なのです。今年の内定者研修で開口一番にお伝えしたことがあるのです。世の中には普遍のことがある・・・と働からざるもの食うべからず。 No Work! No Money!!これが世の中のルールだと。笑なぜ?働くのか?役割をみつけ、大義を定めること。理由が見つけられない人は役に立てない。と・・・。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・保護者の方々の想像力に驚かさせられています。最年少クラスが1クラスになる??いいえ!2クラスで運営します。情報が先走りしている給付制(誰でも通園制度)の影響か(これは令和8年度からの実施です。詳細は未だ未定)コロナ少子の影響か・・・今年度の最年少クラスは少いことは事実です。でも・・・2クラスで運営します。但し・・・教育活動などは集団のマジックが発動しやすいように大抵のこと合同で進めていくことが多くなると思います。また・・・時代の流れに沿って、月毎の途中入園も受付けます。噂はよからぬ誤解を招きますので・・・よろしくお願いしますっ。

Category

  • 2017.10.10 Tue
  • Recruit

頑張り方改革宣言!

頑張り方改革宣言!

「働き方改革」は大事、でも「頑張り方改革」はもっと大事!自己有用感を高め、幼稚園教諭・保育士として喜びと成長を実感できる「新働き方改革?!」を実現 人の成長を導くことができる仕事、 これが、先生と呼ばれる、幼稚園教諭であり、保育士であると、野村学園では考え、 「PEARL STYLE」と、呼んでいます。 昨今の「働き方改革」の推進によって、働きやすい職場の環境整備は職場選びという点ではとても大切な要素だと思いますし、当法人でも就労環境は世の中の流れに合わせて働きやすい環境整備に努めているところです。そして、あらゆるバックグランドを持つ人材にできる限り「多様な働き方」を実現してもらいたいと考えています。結婚、出産、これからは介護などの問題も出てくるでしょう・・・。ただ、私たちの仕事は、多様な働き方の前に、「成長と分配の好循環を実現するため」の「人」の育成の根幹を担う仕事であることは言うまでもありません。ですから、この業界からの離職や職そのものへの人気の減退の理由となる「職場の人間関係」「保育技術」「保護者とのコミュニケーション」 などの問題を解消すべく、それらの壁の乗り越え方を、働きながら学べる環境を整えています。これが、「頑張り方改革」です。教えることで、仕事の「楽しさ」や「達成感」「自己有用感」をもてるように現場を導くことを「頑張り方改革」では目指しています。 子どもが元気になる最大の理由は、ズバリ、先生が元気なことです。なので、野村学園では、幼稚園でも保育園でも先生が笑顔でいられるようにします。 笑顔でいるためのコツ、ご存知ですか?それは、「自信」をつけることです。 ピアノが苦手・・・よく聞く話です。でも初めからピアノが得意で自信満々の人はごくワズカデス。 裏を返せば、苦手でもいいんですよ!どちらかというと、苦手な方がいいかもしれません。「伸びしろがたくさんある」ので。 そうやって、苦手なことを少しずつ克服していくことで、先生としての成長を実感できるので、「自信」が持てるようになるんです。 「努力の数」だけ「自信」がつきます。 でも、安心してくださいね。 PEARLには、あなたが乗り越えられないような壁はありませんので。 先に努力をしてきた先生方が、 みなさんの成長と自信を丁寧に導きます。 間違っているときは、単に間違いを指摘するのではなく、なぜ間違えたのか?間違いの「原因」を一緒に探ります。 いいね!と思うときは、「いいね!」ボタンを押すのではなく、どうよかったのか、直接伝えるようにしています。 自分の何がよくて、何がよくないのかを知ることで、改善するための具体的な行動がとれるようになります。これが、成長の一番の近道だと、PERALでは考えていることなのです。 新人の内は特に、落ち込んで終わるのではなく、笑顔で次のチャレンジができるよう、それぞれの状況に合わせたステップを用意していきます。 PEARLの「頑張り方改革」は、これからも続きます。 あなたの人生を豊かにするロードマップとなる先生方が活躍しています。 と、いうことで、今回の見学会は、「頑張り方改革」を観る、体験する、という視点で行いますので、成長したい!そんな学生の皆様、是非、下記フォームより、ドシドシお申込み下さい。10月23日(月)、24日(火)で開催します! 詳細は下記の通りです。 【タイムスケジュール(予定)】9:15~集合(PEARLの教育活動についてお話) 9:45~教育活動見学10:10~幼稚園内探検10:30~教育活動見学11:30~移動11:40~BaBy Pearl Nursery(小規模保育所)見学 12:00~移動12:15~パール幼稚園にてランチタイム♪(自園給食(結構おいしい)をご堪能ください。) 13:00~座談会(なんでも聞いちゃおう☆) 13:30~解散!

  • 2019.03.11 Mon
  • パール幼稚園

目線の先に・・・

目線の先に・・・

今年度も残りわずかとなりました。来年度への期待に胸を膨らませたり・・・今の暮らすとの分かれに寂しさを感じたり・・・年度末特有のそわそわした空気が流れています。さて、そんなある日、年少クラスさんが向かったのは・・・朝の会をやっている、とある年長クラス。クラスに入ると、そこにあったのはいつも園庭で見かけるはしゃいでいる姿ではなく、腰骨を立てて集中している年長クラスさんの姿がありました。それを見た年少クラスさんは、まばたきを忘れていたり、口がポカーンと空いていたり、その空気感につられてかビシッと気をつけをしていたり、様々な姿がありました。見ることで、「こんなお兄さん・お姉さんになりたい」と憧れの芽を芽生えさせる年少クラスさんと、見られることで最高学年としての素敵な姿を見せようとより意識して頑張る年長クラスさん。この、見る・見られるという関係はお互いをとり成長させることにつながり、やる気のボタンをオンにします。幼稚園での3年間、そのやる気のボタンを幾度となく刺激していくことで子どもたちはぐんぐん成長していきます。それは、今回のことだけではありません。朝の会、サーキット、園庭あそびなどなど・・・幼稚園で過ごす中で、そのボタンが至る所に隠されているのです。そして、私たちはそのスイッチで成長したところをふとした時に発見すると嬉しく感じます。ご家庭でも、そんな子どもたちの成長をぜひ見つけてみてくださいね♪

  • 2019.03.08 Fri
  • Recruit

Pearl Nursery School

Pearl Nursery School

Pearl Nursery Schoolが開所し、一週間が経ちました。 こちらは幼稚園の目の前にできた企業主導型の保育所です。 さて、3月は1歳児の子どもたちが5人来てくれています。 (4月からは2歳児、1歳児のクラスがあり、更に人数が増える予定です♪) 1歳児の子どもたち、とにかくかわいいかわいい! 楽しいことがあって笑う姿もかわいい できたことを認められてドヤ顔するのもかわいい ママと離れてさびしくて泣いていてもかわいい 自分の思い通りにいかずわがままを言って怒っていてもかわいい 寝顔もかわいい 夢中で遊んでいるのもかわいい とにかく何をしていてもかわいい子どもたちです! とっても面白いのが、言葉はまだはっきりと話せないところがあっても自分の意思表示がはっきりとしていること。 ほかのお友だちが先生に「すごいね!」と言われているのを見ると自分もできるよとアピールしてきたり、 いやのものはいや!と泣きながら言葉にならない言葉で伝えてきたり、 面白いなぁと子どもたちの感情の変化を先生たちは毎回楽しんでいます。 そして活動の中では幼稚園で大切にしていることと同じことを大切にしています。 朝の会をやったり 挨拶や返事を大切にしたりと 伝えていることは同じです。 もちろん簡単バージョンになっていたり、まだまだ言葉できちんと言えないこともありますが、 幼稚園と同じ毎日の積み重ねを大切にしています。 このようにパール幼稚園には幼稚園と繋がりのある保育園があります。 様々な選択肢があり、様々な働き方ができることがパール幼稚園の良さだ思います。

  • 2019.03.05 Tue
  • パール幼稚園

URABUTAI

URABUTAI

UTABUTAI本番の一週間前に『大道具の一部をトイレットペーパーの芯を用いて子どもたちと製作したい。お持ちの方は園に持ってきて下さい!』と保護者の方に急なお願いをさせて頂きました((+_+))すると翌日からどんどん集まり、本当に有難く受け取らせて頂きました。なんだか・・・子どもたちを、幼稚園を、応援して頂いているようで、トイレットペーパーの芯が輝いて見えました!!本当にありがとうございました!!UTABUTAIにお越し頂いた皆様、トイレットペーパーの芯がどこで登場したか、分かりましたか??正解は…年中クラスの”パジャマでラララ♪”の背景として でした☆製作風景はこんな感じ・・・♪ 「ここがボクのお家!」「ここはパール幼稚園★」「○○先生のお家はここね!」と言いながらカットしたトイレットペーパーの芯をボンドでペタペタ!手作りの大きな大きな世界地図が完成しました!年中クラス子どもたちが楽しく作ってくれた地図は、プロの手に掛かり遂に舞台に☆(この地球を吊るための枠はなんと160キロ!!) 世界の歌を歌う年中さんの後ろに堂々と登場したのでした!多くの方にご協力頂き、感謝感謝です。ありがとうございました!

  • 2019.02.07 Thu
  • パール幼稚園

〇〇だからこそ★

〇〇だからこそ★

ssage body 毎日、多くの子どもたちが事務室を訪れます♪先生からお仕事を頼まれて手紙などを届けてくれたり、また自由画帳など幼稚園で使うものをお買い物にきたりなど、様々な用事で事務室に来てくれます!事務室に来た際には、約束があります☆失礼しますと挨拶をして、中に入り、クラスと名前を言って、何の用があって来たのかを伝えます。事務室に訪れる際の子どもたちの姿にそれぞれ違いがあって、それを発見するのがとても面白いのです!先生にお仕事を頼まれてとっても嬉しいお友だち、また日直になれて嬉しいお友だちはニコニコの笑顔で、自信満々にお話をしてくれます!人見知りで、人前で話すのがちょっと苦手なお友だちはドキドキした表情で、一生懸命にお話をしてくれます!そのような子どもたち一人ひとりの性格を知る一つのきっかけとなっています♪また子どもたちそれぞれの成長を感じることができる時間でもあります。三年間の積み重ねがある年長さんは、やはりスラスラと話す子どもが多くいるように思います!年中さんは、段々と自信がついてきたようで、はきはきと話してくれるお友だちが増えてきました。そして一学期は事務室に来るだけで精一杯だった年少さんは、恥ずかしさでもじもじしながらも頑張って話してくれるようになってきました。数か月前、そして数年前に比べて、子どもたちの成長を感じることができることは私たち先生にとって、とても嬉しいことです♪これは事務室だからこそ見られる子どもたちの姿です。それぞれの場所、それぞれの場面だからこそ見られる子どもたちの成長はほかにもたくさんあります☆そんな子どもたちの小さな成長を見逃さずにどんどん発見していきたいと思います♪